気象衛星データ図化処理(GrADS)


今回は、GrADSで処理してみた。
投影図法はメルカトール。

メルカトル投影図法

メルカトル投影図法

 

続いて、北極を中心としたステレオ図法。

ステレオ図法

ステレオ投影図法

 

PS画像出力はgxpsコマンドを使ったが、ノイズとして白く細い横線が入るようだ。原因は不明だが、gimpで読み直すのが現実的な対処方法として有効ということだ(こちらの情報)。
GMTの画像と同様に「気象と気候のページ」のこちらにおきました。データもツールも全てが無償(フリー)ですから、これらの画像には著作権を主張しません。必要な方は自己責任を前提にご自由にお使いください。

そろそろミステリーの世界に戻ることにしようか。


atmos-nwp

atmos-nwp の紹介

主に50~80年代の海外ミステリーの紹介を兼ねて読後感を綴っています。本格、倒叙、ハード ボイルド、冒険、スパイ、安楽椅子、ユーモア系等ジャンルは問わず読み散らかしてきました。ときには散歩の道をそれて50~70年代のモダンジャズやスキー、バラ園芸にもふれています。HP「気象と気候値のページ」も運営していますので、興味のある方は一番上のタイトルの下にある<気象と気候値のページへ>をクリックして是非お立ち寄り下さい。
カテゴリー: パソコン更新顛末記, 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*