300B真空管シングルアンプで好きな音楽を聴く(1)


エイッと気張って作ってみたシングル真空管アンプキット。
大西正隆真空管アンプ工房の300Bシングルの期待にたがわぬ音に、少しだけ自慢したくなったというのが本音です。

 

ついでに少しだけ聞いてやって下さい、しょうもない男の話を。

「不自由していないか」。
母が渡してくれた封筒にはちょっとした額のお金が。
いくつになっても親は親、子は子。とはいっても、いい年をしたオトナが小遣いをという滑稽な図式だ。
連れ合いからは、なかばあきれながら「甘やかすにもほどがある」と怒りの一喝をのたまう。
というわけで、買いそろえたのが僕のささやかなオーディオだった。

プリメインアンプ: PM-8100SA(Marantz)
CDP: SA-8400(Marantz)
アナログプレイヤー: DP-500M(DENON)
スピーカー: HLcompact(Harbeth)

実は、Royal Menuete Ⅱ(DALI )も揃えたのだが、諸事情でしばらく前に手放すことに。
これに、新たに今回300Bシングル真空管アンプが加わったわけである。
パワーアンプ: HK-22(大西正隆真空管アンプ工房)

この夏、母の七回目の命日が過ぎた。


atmos-nwp

atmos-nwp の紹介

主に50~80年代の海外ミステリーの紹介を兼ねて読後感を綴っています。本格、倒叙、ハード ボイルド、冒険、スパイ、安楽椅子、ユーモア系等ジャンルは問わず読み散らかしてきました。ときには散歩の道をそれて50~70年代のモダンジャズやスキー、バラ園芸にもふれています。HP「気象と気候値のページ」も運営していますので、興味のある方は一番上のタイトルの下にある<気象と気候値のページへ>をクリックして是非お立ち寄り下さい。
カテゴリー: オーディオのことなど, モダンジャズ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*